練馬区|光が丘|小児科|内科|アレルギー科|飯島医院

飯島医院|インターネット診療予約

小児科・内科・アレルギー科
東京都練馬区光が丘7-3-6 102号

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL: 03-3976-6087

問診票のダウンロード

事前にご自宅で問診票を記入頂けます。
※プリン卜の上、記入し持参下さい。

発達心理相談予診票

アクセス

  • 電車
    都営地下鉄大江戸線 光が丘駅より徒歩8分
  • バス
    西武バス 高松5丁目停留所より徒歩5分

医院名
医療法人社団健志会 飯島医院
院長
飯島 健志
住所
〒179-0072
東京都練馬区光が丘7-3-6 102号
診療科目
  • 小児科
  • 内科
  • アレルギー科
電話番号
03-3976-6087

院長紹介

挨拶

挨拶

大学を昭和50年に卒業し、葛飾赤十字産院では年間1000人もの出生がある病院で未熟児や病気の新生児、小児の診療に携わりました。大学に戻ってからは新生児病棟(N-ICU)を立ち上げ、病棟医長として勤めた後、河北総合病院では一般小児科を2年間研修した後再び大学に戻り、10年目の昭和59年光が丘に開業しました。

当時の光が丘は団地ができて2年目、住民が2000人くらい、練馬側の診療所としては私が最初でした。バブルの直前で団地の人気はいま一つだったのが2-3年後には新規募集に60倍もの人気になりました。住民が増えるにつれ診療所も忙しくなり、年末の繁忙期には1日250人を数えたこともありました。最初は子どもさんが8割を占めていましたが、徐々に大人の割合が増えてゆき、最近では内科の患者さんが8割になっています。

平成20年より児童デイサービスあんしぇるを開設、児童発達支援事業、放課後等デイサービス事業を行い、発達障害児の支援をしてきました。

平成29年4月から発達外来を開設し、現在では累計1000名を超える患者さんが来ています。診療態勢は私のほかに非常勤のドクター2名と心理士2名が対応し、診断、検査、評価、事後処置、投薬、ペアレントトレーニングなどを行っています。

院長 飯島 健志

所属学会・専門医など

  • 日本小児科学会専門医
  • 日本アレルギー学会専門医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本小児科医会子どもの心相談医
  • 日本小児精神神経学会会員

経歴

昭和50年昭和大学医学部卒業
昭和50年~59年
昭和大学小児科
昭和51年~52年葛飾赤十字病院小児科
昭和56年~58年河北総合病院小児科
昭和59年~飯島医院開院
平成7年~9年練馬区医師会理事
平成9年~15年練馬区医師会保育園医会 代表幹事
平成10年~20年東京小児科医会広報委員
平成16年~26年練馬区医師会小児科医会会長
平成16年~22年昭和大学兼任講師
平成18年~練馬区医師会病児保育センター施設長
平成18年~練馬区障害者給付審査会 会長
平成20年~31年児童デイサービスあんしぇる
平成29年~飯島医院発達外来開設

診療方針

喘息を中心にアレルギー疾患(アトピー性皮フ炎、アレルギー性鼻炎)、舌下免疫療法を施行。
内科(生活習慣病関連)、
感染症(小児科定点)、発達外来(発達心理検査、カウンセリング、ペアレントトレーニング、薬物療法)。